2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.05.01 (Thu)

長嶋の名言

”チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。” これは本田技研創業者 本田宗一郎の言葉である。 何時の時代でもこの言葉には胸が打たれ、さすがである。

しかしである、この言葉と同じ内容が長嶋の口からも出ているのである。

失敗は成功のマザー”

「失敗を恐れるな」と、長島は巨人軍の監督に就任して、失敗を恐れず挑戦することの大切さを選手達に伝えている。
まずやってみないことには何も生まれない、失敗を積み重ねてこそ成功が生まれるのだということは、野球だけではないのでしょう。

”秋には必ず『メークドラマ』しますよ”

95年7月27日 首位・広島に7.5ゲーム差つけられ、後半戦の逆転を誓って発した言葉である。
長嶋は良く”英語”を使用した言葉を出すのだが、このメークドラマの使い方は非常に面白く、正に長嶋でしか言えない言葉であろう。
なお、これと同じように、”アイム失礼” ⇒ アイムソーリー とも言っている。
では、長嶋は英語に強かった(流暢)のだろうか? 

I live in Edo(江戸)”

立教大生時代「“I live in Tokyo.”の過去形は?」と教授に質問され、長嶋はこう返したのである。
やはり・・・・・、長嶋である。 笑えるのだが、ある意味尊敬に値する一言である。野球以外は目もくれずガムシャラに前へ前へ突き進む長嶋だからこそ”Edo”なのであろう。

では、長嶋の打撃理論は如何なのであろうか?

”「ビューと来たらバーンだ」”

現在の巨人軍監督原への打撃指導の際に発した長嶋の打撃論である。
凄い!一言である。 プロとして野球をやる以上誰もが血と汗と涙を流しあがってきたプロの世界であり、原は東海相模高、東海大とエリートの階段を父と共に上がってきた男に発した言葉。

”危なかったですね。ぎょくですよ、「ぎょく」。当たっていたら「ぎょく」が粉々ですよ。”

急所に投手が投げたボールが直撃しそうになった際に発した長嶋の一言。
確かに読み方としては、”ぎょく”と読むのだが・・・・更に最後の”粉々”の使い方が素晴らしい。ぎょくが粉々になったらとんでもなく、ましてデットボールで粉々に。

そしてやはり長嶋の最高の名言は

”我が巨人軍は永久に不滅です。”

07.jpg






 



スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

00:21  |  長嶋茂雄  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

こんな長島ファンが‥いるとは
ちょっと感動しました!!
かなりイカれたジャイアンツファンより

ミスターは必ず満塁のチャンスで
ヒットを打った記憶があります
じむ・か~く |  2008.07.22(火) 16:27 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://zena.blog61.fc2.com/tb.php/11-06f629ef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。