2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.04.25 (Fri)

番外編 3

大○製薬が発売して40年以上の超ロングセラー商品”リポ○タン”、既に200億本以上が日本人に飲まれているとの旨。このリポ○タンの海外での漢字(中国語)名称はバラバラであったのである。
そして結果的にこのバラバラブランド戦略が海外において対競合品との戦いに残念な結果を招いたのであろう。この対競合品との戦いに付いては、また別の機会にて論じてみたい。
では、昨日までの続きを進めよう!

1965年 タイ国発売 ⇒ 英文(LIPOVITAN-D) 漢字(力保精) 日本語(なし)
1969年 香港発売  ⇒ 英文(LIBOGEN) 漢字(力保健) 日本語(リポ○タン-D)
1972年 シンガポール発売 ⇒ 英文(LIVITA) 漢字(利必大) 日本語リポ○タンD)
1986年 台湾発売  ⇒ 英文 (LIPOVITAN-D) 漢字(力保美達) 日本語(リポ○タン-D)
1998年 中国発売  ⇒ 英文(なし) 漢字(力保美達⇒力保健) 日本語(リポ○タン)

なんと!! シンガポールで発売されているリポ○タンの漢字名称は”利必大”と記されていたのである。 既に発売済の力保精でもなく、力保健でもなく 新たな漢字=中国語の商品が出された。
同時に従来の英文名を”LIVITA”と変更もしており、確かに日本語ではリポ○タンと標記はしているものの英文名の変更も行ったいたのである。

sing_01.jpg



”利必大”は英文名”LIVITA”への変更に伴い創られた当て字と思われるが、”利”益が”必”要で”大”きく育てる(販売)の意味を持って創られたのではと考えられる。
しかしである、ならばこの”利=LI=リ”が何故に以降の台湾や中国で使用されなかったのであろうか? 逆に言えば、既に販売されていた香港での”力=LI”ではなかったのだろうか?

繰り返すようだが、リポ○タンの海外における漢字名は、4種類になったのである。
タイ国:力保精・香港:力保健・台湾:力保美達・中国:力保健・シンガポール:利必大

比較対象として”ポカリスエット”を見てみると中国名は、”宝鉱力水特”と記されている。この商品も日本以外の国々で売られており既にブランドとして確立された日本を代表する商品である。当然中国や台湾、香港等の中国語圏でも多く売れているが、全て統一された中国語名称である。

2008年春の台湾大統領選挙において国民党の馬氏が当選し、今後は国民党主導の政策が台湾では行なわれるようである。その目玉が台湾と中国各都市間の直通フライト運行であり、既にこの7月には始まるとの噂も出ている。中国13億の国民が台湾へ直接のフライトで観光旅行をした場合、そこで目にするものは何なのだろうか? 台湾だけでなく中国の消費者が世界へ向けて出て行く日はもう目の前に来ているのである。

商品名の世界ブランド化の中で中国語標記が統一されていない商品を持つ企業は淘汰されるのではないだろうか。リポ○タンよ永遠なり!




スポンサーサイト

テーマ : マーケティング - ジャンル : ビジネス

09:11  |  リポビタン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://zena.blog61.fc2.com/tb.php/7-0d1fc739

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。